朝日新聞朝刊のコラムである「天声人語」。
一時期、大学入試に使用される頻度が高いので、朝日新聞(天声人語)を
読んでいた方が大学入試に有利だなんて言われていた。

朝日新聞もそんな都市伝説を意識してか、朝日新聞ひろば(Web)で
「文章力アップの近道は、上手な文章を真似ること。書き写して、文章の
リズムや構成・表現力を身体で覚えよう」
なんて、バカなことを言っている。「天声人語」が上手な文章??

さらには、天声人語書き写しノート」などという物を作って売っているのだ。
ノート自体は216円だが、書き写すために朝日新聞を購読を購読しなく
てはならないから、けっこうな出費だ。
(「朝日新聞がアホコラム「天声人語」で商売をしてる(笑)」参照)

しかし、大学関係者によると、
「天声人語が大学入試によく出るというのは、簡単で単純な文脈をわざわざ
解りにくいようにこね回す悪文が多いため、容易に試験問題化でき出題者の
労力が軽くて済むから」
だと言う。

分かる気がする。
「天声人語」は時事的なものと歳時記的なものを無理やり組み合わせて
いることが多く、得てして文章として筋が通っていないことが多い。
しかもその中に朝日新聞の「思想」を盛り込むので、よけい支離滅裂に
なる。なんとなく尤もなことを言っているように見えるが、実は朝日思想
しか頭に残らない。
これがオレの意見というか感想。

本当は7月12日の「天声人語」のバカっぷりについて書こうとしたんだけど、
前置きが長くなっちゃったので、とりあえず一旦終了。

つづく。