自民党議員の「一部マスコミを懲らしめる」発言がいまだに尾を引いて
いるようで、左翼マスコミが相変わらず騒いでいる。

国会議員という権力を持っている側の発言だけに、軽率との批判は
免れないが、一個人の意見として聞けば、だいたい正しいことを言って
いると思う。

当然のことながら、「報道の自由」は尊重されなければならないのは、
言うまでもない。しかし、だからと言って「何でもあり」の現状はどうなの?

例えば、政府批判のデモが行われた。参加者は100人で、主に「プロ
市民」と「左翼活動家」ばかり。参加者は手に特定団体作成のきれいに
印刷されたプラカードを持っている。

これをマスコミはどう報道するのか?
上記の通り報道してくれれば、何の問題もない。
そこに各社毎の「色」をつけた解説のを付けるのも問題ない。

ところが、一部マスコミは
政府批判のデモが開催された。主催者発表で1万人が参加。主婦や
サラリーマンなど「普通の市民」が多数参加しました。参加者は自製の
プラカードを手に、◯◯反対を訴えました。
と報じる。

こうなると、もう「報道の自由」を逸脱しているのではないか?
事実を事実として報道せず、自社の言いたいように勝手にアレンジ
してしまっている。これは事実を報道しないばかりか、「捏造報道」とも
言える。

主催者が1万人と言っているんだから、それをそのまま報道することが
問題? という意見もあるかもしれないが、現場で見れば明らかに分かる
こと。分かっているのに違うことを報道するのは「報道」ではない。

◯◯反対を言っていると印象操作をしたいだけ。事実と違うことを言って
印象操作をするなら、それは「捏造」と言う。

現実は、こういう報道がかなり横行している。
これを得意とするのは、TV局ではテレ朝、TBS、NHK。新聞では朝日、
毎日、東京。

こういう「報道」を日常的にしているヤツらが、今回の自民党議員の発言に
1番騒いでいるという茶番。