トヨタ元役員・ジュリー・ハンプが「起訴猶予」になったことは書いた。
(「トヨタ元役員に対する大甘処分は何?」参照)

これで、ちょっと思い出したことがある。
ある特定郵便局のドラ息子が、客の持ち込んだ書き損じのはがきを
再度別の郵便局に持ち込み交換していた、として逮捕されたことが
あった。

書き損じのハガキは1枚5円の手数料を払えば交換してもらえる。
これを悪用したものだ。

自分の郵便局に持ち込まれた書き損じのはがきをとっておき、後で
別の郵便局で大量に交換し、入手したはがきを換金ショップで換金
していたもの。

別に、このドラ息子(当時は親から引き継いで局長だった)のことを
掘り返そうと言う訳ではない。

このドラ息子は、事件後に郵便局長を辞めるなどの「社会的制裁」を
受けているとし、「起訴猶予」になった。
しかしコイツの父親は、この「起訴猶予」を以って「無罪」になったと
吹聴して廻っていた。

確かに、起訴されないんだから有罪の判決を受け、前科がつくわけ
でもない。法律的には「無罪」なのかもしれない。
しかし、この父親の言に非常に違和感を持った。

起訴猶予とは
「犯罪の疑いが十分にあり、起訴して裁判で有罪に向けて立証する
ことも可能だが、特別な事情に配慮して検察が起訴しないこと。
比較的軽い犯罪で、本人が深く反省していたり、被害者と示談したり
した場合に適用する」

証拠が足りず犯罪の疑いが弱いと判断して起訴を見送る「嫌疑不十分」
とは違う。

ドラ息子の犯罪は確かに軽微なので「起訴猶予」でもいいだろう。
しかしハンプの罪は軽くないぞ。麻薬の密輸だ。
これでトヨタのバカ社長が、また調子に乗るな。