朝日新聞に大島隆という記者がいる。
朝日新聞のアメリカ総局にいて、先月日本に戻ってきたようだ。
(現在は朝日新聞国際報道部デスク)
こいつは「慰安婦捏造の植村隆」に負けず劣らずの反日記者だ。

4月29日の安倍首相のアメリカ議会での演説に対し、
「『前向き』『失望した』 安倍首相演説、米で評価二分」という見出しで
記事を書いていた。

良い評価と悪い評価が半々という意味なんだろうけど、記事を読む限り
では、一生懸命悪い評価を探し出して書いてるイメージ(笑)。
悪い評価=朝日新聞の評価なんだけどね。

さらには、慰安婦問題に言及しなかったとも書いているが、これは何?
アメリカ議会での演説で、なぜ慰安婦問題を言わないといけないの?
強制連行を捏造しておいて、まだグチャグチャ朝日新聞は言ってるのか。

こいつの過去の記事と言うか行動もちょっと調べてみたら、まあ・・・。
特にひどかったのは、2013年に橋下大阪市長が慰安婦についての
「失言」(オレはそう思わないけど)をしたときのアメリカ国務省・サキ
報道官とのやり取り。(アメリカ国務省の記者会見)

本筋とは関係ないかもしれないが、出だしが
my name is Takashi from Japanese newspaper ASAHI.
だってよ。サキ報道官とはファーストネームで呼び合う仲だとでも言いたい
のか(爆笑)。

で、アメリカは「性奴隷」と「慰安婦」どっちと考えているのか?
と必死で訊く。なんとしてもアメリカに「性奴隷」と言わせようとしている
姿が哀れ過ぎる。

しかし、サキは朝日新聞がどんな新聞かを知っているので、
「以前から慰安婦だと言っている」
(we have described this issue in the past as comfort women.)

さらには、
you kind of laid out specific details there.
と言われている。

「あなたは特定の詳細を持っているようだが」ということ。
(laid outをちょっと意訳しているが、ニュアンスは間違ってないと思う)
つまり、サキは朝日新聞が自分に「性奴隷」と言わせて騒ごうという
意図を見破っているわけである。

アメリカ国務省の記者会見場で、恥も外聞もなく自社見解を言わせようと
画策したあげく、皮肉で返されたといったところ。
こういう反日売国記者しかいない朝日新聞。

朝日新聞の「隆」ってのはろくなヤツがいない。
ついでに言うと、朝日新聞の「ホンダ」にもろくなヤツはいない。
(世の中の「隆」さん、「ホンダ」さん、ごめんなさい)

さらに言えば、もともと朝日新聞にろくな記者はいない!!