6月6日放送の「池上彰のニュースそうだったのか!! 2時間SP」を
観たけど、一部内容があまりに酷かった。
それは靖国神社を扱ったコーナー。

番組では昭和60年(1985年)に中曽根首相(当時)が「公式参拝」と
言明したことが、中国・韓国が批判することになった発端のように扱って
いたが、とんでもないデマである。

中国に靖国参拝を批判するように仕向けたのは朝日新聞である。
朝日新聞の加藤千洋が8月7日の「中国『日本的愛国心を問題視』」と
いう記事を始めとする報道で、8月15日に予定されていた中曽根首相
の靖国神社参拝を大々的に批判したことが始まりだ。

朝日新聞は8月15日の参拝前後も含め悪意を持った報道を繰り返した。
しかし中国は何の反応も示さず、痺れを切らした朝日新聞は訪中する
旧社会党の左翼連中と結託し、中国首脳に直接「ご注進」する愚挙に
でる。

片棒を担いだのは田辺誠(当時社会党書記長)。
8月26日に中国首脳に「ご注進」。すると、やっと朝日新聞と社会党の
意を理解した姚依林副首相が、初めて政府要人として参拝を批判 。
これ以降、中国・韓国が靖国参拝を批判するようになった。

つまりは、加藤千洋が参拝批判の記事を書いてから約20日、中曽根
首相が公式参拝してから10日以上、中国は何の反応も示さなかった
のである。

番組は、このことには一切触れていない。
中曽根元首相が公式参拝をしたからではなく、朝日新聞・加藤千洋が
「問題だろ?中国さん批判してくれよ」という記事を書いたからである。
これを言わなかったら、靖国参拝問題の本質は語れないだろう。

また番組では靖国神社は海外で「war shrine (戦争神社)」と報じ
られていると言っていたが、誤解を招くものだ。
これはニューヨークタイムズの反日記者が悪意をもって書いた記事が
拡散しているもので、こういう表現には断固抗議しなくてはいけない。
にもかかわらず、テレ朝、池上彰は他人事のように言っている。

こういうデタラメ、デマを堂々と公共の電波に乗せて放送するテレ朝。
事実を知っているくせに、朝日新聞、テレ朝に迎合している池上彰。

反日プロパガンダのような放送を、堂々と行う放送局の放送免許は
取り消さないといけない!