前回書いた韓国作成の端島炭鉱(軍艦島)での「強制労働」の件。
(「韓国の反日に協力する日本の『市民団体』」)

「死亡記録を通じてみた端島炭鉱強制動員朝鮮人の死亡者被害実態
基礎調査」には、生き残りという人の体験談も記載されている。

「労役中に石が落ちて頭が割れ、時々上から転がり落ちてきた石に
当たって死亡する人もいた」
「炭鉱が崩れる事故が多く、死ぬ人が多かった」
労役という言葉は気に入らないが、当時の炭鉱での作業は危険だった
から、こういうこともあったんじゃないの?
日本人作業者も同じだと思うけどね。

ところが、
「ひどい鞭打ちをされる時が多かった」
「多くの人が逃げようとしたが、ほとんどが捕まって激しい拷問にあった」
こうなると非常に怪しい。怪しさを通り越して「捏造」の疑惑さえある。

この生き残りという人々は、日本企業を相手に損害賠償請求を起こして
おり、1審では勝訴している。国際法に基づいた賠償は片が付いている
にもかかわらず、韓国司法が世論に迎合した結果である。

なんとなく、慰安婦さんたちと同じ構図が見え隠れする。
「強制連行」「強制労働」と言っている人たちの労働歴などをきちんと
把握したうえできちんと反論しないと、また韓国に振り回されることに
なるぞ。