中国共産党の機関紙・人民日報の傘下にある「環境時報」が、1989年
(平成元年)の天安門事件に関し、ご都合主義的な論調をしている。

発端は、アメリカ在住の留学生がネットで
「政府は今も罪を認めず、犠牲者は侮辱され、生存者や事件に触れた
人は弾圧され続けている」と批判したこと。

これに対して、環境時報は
「海外勢力が1980年代、90年代生まれの若者を扇動しようとしている」
「中国の留学生だとすれば、洗脳されたとしか言えない」
「当時の若者の大半は深く反省し、考えを改めて祖国に貢献している」
と反論。

まあ、ここまで良いとして、さらに
「(当時の記憶を)少しずつ薄れさせるやり方は、未来志向の選択。昔の
ことを持ち出して現在を乱すのは意味がない」
だって。

昔のことを持ち出して現在を乱すのは意味がない???
昔のこと(南京事件のようなでっち上げも含めて)を、散々日本叩きに
使っているのはどこの国だ??

面白いことを言ってる中国共産党。
韓国にも言ってやれよ。「未来志向」で行こうって(爆笑)。