数々の捏造記事を掲載したにも関わらず、まったく懲りていない朝日新聞。
今度は朝日新聞出版の「AERA」がやらかした。

被害にあったのは教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏。
ことの顛末は尾木ママが自身のブログで明かしている。

要約すると、取材で入手したコメントを自分たちに都合良く調整している、
というもの。
出版前の「ゲラチェック」の段階でおかしさに気づき、編集部に抗議し
事なきを得たが、、「大変不快極まりない」と怒り心頭である。

朝日新聞グループの発行するものは、新聞であろうが週刊誌であろうが
まったく信用できないと言うこと。

その前もグループ会社の日刊スポーツが「松嶋菜々子『従軍慰安婦』
演じる」と大誤報をネットに配信している。
これ、「従軍慰安婦」ではなく「従軍看護婦」。TBSが8月に放送予定の
ドラマの内容を誤って報じたのである。

この件に関しては、「TBSや松嶋の所属事務所も激怒していた」と話す
TV関係者のコメントも伝わっている。

日刊スポーツでは、担当者が「従軍」と見た瞬間に「慰安婦」と勘違い
したと釈明しているようだが、これこそ朝日新聞グループの実態を物語
っている。朝日新聞の関係者すべてが、「従軍」と聞いたら「慰安婦」って
条件反射的に出てくるようになっているということ。

だいたい「従軍慰安婦」なんて千田夏光の造語で、もともと存在しない
言葉だから。いまだにありがたく使っているのは朝日新聞を始めとした
左翼メディアしかないから。呆れて物も言えない・・・。

朝日新聞グループが発行・発刊するものなんて読む価値ないし、ネット
配信記事もまったく信用できないことが明らかになった。

世の中に存在すること自体が「不要」なグループだ!!
朝日新聞を筆頭に、日本からお引き取り願うしかない。