慰安婦捏造記者・植村隆が5月4日のニューヨーク大に続き、8日UCLA
(カリフォルニア大ロサンゼルス校)でも講演を行った。

「最初に署名入りで、慰安婦のおばあさんが証言を始めたという記事を
書いたことで標的にされた」
金学順に取材もせず、「挺身隊として戦場に連行された」と捏造記事を
書いたから非難されてるんだ。

「言論の自由、報道の自由、学問の自由、民主主義に対する攻撃だ」
さすが元朝日。これぞ論理のすり替えの典型。
捏造のウソ記事を書いたことには頬かむりし、その批判を民主主義への
攻撃だ、だとは呆れてものも言えない。
捏造記事に言論の自由も報道の自由もないから。

前回も書いたが(「植村隆がニューヨークで好き勝手言ってる」参照)、
自分を批判をしている言論人と直接話す勇気もないくせに、何も知らない
米国人に向かって好き勝手言うんじゃない!

まあ、お前を守り通している朝日新聞も、表面上は吉田清治の証言を
虚偽として記事を取り消したが、相変わらず慰安婦に関して妄言を繰り
返している。
やれ外務省が「アジア助成基金」への拠金を呼びかけた文書削除した
とか、一部教科書(出版社)が慰安婦の記述を変更したとか(苦笑)。

渡辺雅隆・朝日新聞社長も「重く受け止める」、社説を書く論説委員連中も
「私たち論説委員も真摯に受け止めている」と言ったり書いたりしているが、
もう忘れているようだ。

本当にどうしようもない連中だ!!