慰安婦捏造記者・植村隆が5月4日にニューヨーク大で講演を行った。
日本だけでは飽き足らず、米国まで行って何をやってるんだか・・・。

内容は相変わらずの「自己弁護」と「被害者ズラ」。
「私は激しいバッシングを受けている。この闘いに負けない!」
「捏造だと攻撃することは、慰安婦を問題をなきものにしようということ
にもつながる」

アホらしい。
誰も慰安婦がいなかったなんて一言もいってない。
元慰安婦と称する女性たちの一部は、騙されたりした境遇や反日を目的と
する組織に利用されていることには同情する。
だからと言って、当時の日本政府や旧日本軍が加害者として強制連行した
事実などない! もちろん性奴隷なんて妄想である。

植村は「90年代なかばから歴史修正主義の動きが出てきた」とも言って
いるが、どっちが「歴史修正主義者」かと問いたい。

金学順を直接取材もせず、「挺身隊として戦場に連行された」と書いた
記事は歴史的事実なのか?
批判に正面から向き合わず苦しい言い訳に終始し、自分の言論に対して
説明責任も果たさず、あげくの果てに「訴えるぞっ!!」。

自分を批判をしている言論人と直接話す勇気もないくせに、何も知らない
米国人に向かって好き勝手言ってる情けなさ。
本当に恥ずかしいクズ人間だな。