マスコミが自分たちの主義・主張と相反することは報道しないという
「報道しない権利」を行使しまくっていることが、国民のマスコミ不信に
繋がっているが、TBSの露骨さには笑ってしまった。

発端は週刊文春4月2日号に掲載された記事。
「歴史的スクープ 韓国軍にベトナム人慰安婦がいた!」
内容は、TBSワシントン支局長(当時)がアメリカの機密文書まで調べ、
ベトナム戦争当時「韓国軍による韓国兵専用慰安所」があったことを明ら
かにしたというもの。

ベトナム戦争当時、韓国軍の慰安所があったことは既にいわれている
ことではあるが、アメリカの公文書の記載まで確認したのは初めてだと
思う。

でも、何でTBSの記者の取材内容が週刊文春に載っているのか?
日ごろのTBSの左翼的報道を見ると非常に違和感をもったが、TBS
にもこういう記者がいるのかと、ちょっと見直した。

ところが、TBSが自社のニュース番組で、この内容を報道したとは聞か
ない。そりゃそうだ、TBSのように韓国と一緒になって反日報道をして
いるようなTV局は、韓国に不都合なことは報道しない。たとえそれが
事実であっても。こういう「報道しない権利」はTBSなどの反日TV局では
お手の物だ。

今回は報道しないばかりか、取材したワシントン支局長は左遷されて
しまったというから驚きだ。

事実、この記者は4月23日にワシントン支局長から営業局ローカル
タイム営業部に異動になっている。TBS関係者が言うには、明らかな
左遷人事だという。

記者は自分の調査内容をTBSが報道しないことから、週刊文春で公表
したと言っている。
TBSからすれば、会社の方針に逆らったんだから「左遷だ!」という
組織論も分からなくはないが・・・。

でも今回のことで、TBSが「事実を報道する」TV局ではなく、自社に
都合の良いことだけを報道し、都合の悪いことは報道しない「報道
しない権利」を日常的に行使しまくっているTV局であることが白日の
もとにさらされることになった。

こんなTV局が、政府や自民党が圧力をかけた!なんて騒いでいる
ことは、非常に滑稽である。