国会のこどもクイズ王・小西洋之が、産経新聞の阿比留記者を名誉
毀損で提訴&告訴した。

阿比留記者のFBの記事により、名誉が毀損されたと訴えている。
訴状では、
「阿比留記者の投稿記事の内容が、小西洋之の国会議員としての
資質や人間性に重大な疑問があるとの印象を与えるものであり、小西
洋之の社会的評価を著しく低下させるものであることは明らかです」
と言っているが・・・。

阿比留記者の投稿記事を読むまでもなく、小西の国会での異常な
言動やツイッターへの投稿内容をみれば
「国会議員としての資質や人間性に重大な疑問がある」ことは明白で
あるけどね。

小西には、一般国民を訴訟をちらつかせ恫喝し、言論封鎖した「前科」
がある。
(「なんと幼稚な国会議員 民主党参議院議員・小西洋之」参照)

自分のこうした行動への反省や謝罪はまったくなく、自分のことを揶揄
されたからと言って、「訴えるぞ!」って何なの?
しかも、その揶揄されたという内容が、一般国民から見て小西を表す
適切な例えであるのにもかかわらずだ。

特に、
「憲法に関する比類なき我田引水的で枝葉末節的な知識を何より誇る」
って、小西にとって褒め言葉じゃないの?
「木を見て森を見ず」どころか「樹皮1枚を見て森を見ず」的な話ばっかり
してるじゃないか、小西よ。
「知識を誇る」って褒められてるんだぞ(爆笑)。

国会議員が新聞記者を訴えるという、見方によっては言論封殺(恫喝)
的な提訴である。スラップ訴訟といわれても文句は言えまい。