4月20日に与那国島近海を震源とするマグニチュード6.8の地震は
台湾で水道管が破裂したり火災(電気がショート)が発生し死者が出る
などの被害が出ている。
また、与那国島でも震度4を記録し、一時津波注意報も発令された。
こんな中、歌手の加藤登紀子がとんでもないツイートを行った。

加藤登紀子
「基地建設の始った与那国。神の怒りのようね」

与那国島と言えば、2月に自衛隊配備の是非を問う住民投票が行われ
賛成が過半数を占めている。
加藤はこの結果が不満で、今回の地震は自衛隊配備を是としたから
「天罰」がくだったかのような言い分。
実被害の出ている台湾の方々へも、非常に失礼なものだ。

当然、多数の批判が寄せられ、本人もさすがに「まずい」と思ったのか、
ほどなくこのツイートは削除された。しかも、謝罪やコメントすることなく
削除しただけ。
こういう態度は火に油を注ぐ結果となっている。

加藤はもともと左翼思想に感化され、ちょくちょくそういう発言をしている
のは知っていたが、今回のツイートは右だ左だ関係なく、人間としての
常識・品性を疑う。
(加藤の旦那は元学生運動指導者(反帝全学連)。加藤とは獄中結婚)

そう言えば、加藤は反原発から再生可能エネルギー(風力発電)を
支持していたのに、自分ちの近くに風力発電の計画が持ち上がると、
反対活動を始めるという、左翼にありがちなご都合主義も発揮している。

今回のツイートが、いかに非常識なものかは一目瞭然。
今からでもいいから早く謝罪をしろ!