県立公園「群馬の森」内にある「朝鮮人の碑」。
群馬県から設置更新を不許可とされ、早急なる撤去を求められている。

当然である。
設置条件である「政治的行事、及び管理を行わない」を無視し、設置の
2004から2012年まで、追悼集会という名の反日集会、政治集会を
行ってきたからである。

現在、碑の管理団体(「記憶 反省 そして友好」の追悼碑を守る会)は
設置更新不許可を不服として訴訟を起こしている。

そんな「碑を守る会」は4月18日に追悼集会を開催した。
場所は高崎市の労使会館(群馬の森内は県が使用禁止してる)。
別に追悼集会自体を批判する気はまったくない。公共の場でなければ、
どこでも好きなところでやってくれて構わない。
反日集会だろうが、なんでも禁止しろなんて言わない。それが民主主義
国家・日本だから。

だから碑も別の場所に移せと言っている。なぜ県立公園内でなければ
ならないんだ。群馬を代表する極左・角田義一の自宅の庭でいいじゃ
ないか。

県民の税金で運営されている県立公園内は、特定勢力の思想・主義を
主張する場所ではない!! それが右でも左でもだ!

ところで、この18日の追悼集会で裁判の弁護団事務局長・下山順と
いう弁護士がバカなことを言っていた。
「そもそも約束がおかしい。守る必要はない!」

口あんぐり!!
弁護士が約束を破ってもいい!! と強弁している。
まあ勝手な推定をすると、「『政治的行事、管理行わない』という内容は、
表現の自由を謳っている憲法に違反する」と言いたいのだろう。
だから、「憲法違反の約束など守る必要はない」ということだと思う。

バカなことをいうな!!!
設置時の約束として、当時の団体がちゃんと受け入れた内容だ。
約束を破った側が約束自体がおかしいなどどと、後から言うのは
笑止である。
まあ、こいつもお仲間なんだろう。

関連
 「群馬の森」の朝鮮人の碑は撤去だ!
 「群馬の森」の朝鮮人の碑は撤去だ! その2
 「群馬の森」の朝鮮人の碑は撤去だ! その3