4月12日に投開票された統一地方選の前半戦では、道府県議選で
自民党が総定数の過半数に達して圧勝し、大阪維新の会も府議選と
市議選で最大勢力を維持した。

それと対照的なのが国政では野党第一党の民主党。
改選前議席を346議席から264議席に大幅に減らしたうえ、大阪では
府議1議席、市議ゼロと壊滅状態。

それにもかかわらず革マル枝野(幹事長)は
「党の再生に向けた一歩を踏み出せたのではないか」だってさ。
よく分からない言い分だが、どうやら党本部が推薦した首長候補者は
全員当選したということらしい。

TVニュースでは北海道知事選と大分知事選が自民・民主激突と言わ
れていたが、北海道、大分とも地元組織が応援しただけだ、ということ
みたいだ。

幹事長がこんなことを言ってるようでは、民主党の再生は夢物語である。
素直に敗北を認めて、それに対する原因分析を行い、対策を打ってこそ
先が見えてくるものだ。

現実を直視できない政党は消えていくだけだ。
社民党を見れば分かるだろう、革マル枝野よ。