民主党の細野豪志が、中学校教科書の検定結果に関して
「教科書が政府広報のようになるのであれば、非常に違和感を覚える」
「教科書の記述の幅がかなり狭まったとの印象を受ける」
と、どっかで聴いたセリフを吐いた。

なんてことはない、朝日新聞の社説(4月7日)の内容じゃないか。
読んできた朝日新聞の内容を、そのまま記者会見でしゃべったようだ。

具体的にはどの部分か? と問われると
「報道などを通じて接している情報に限定されるので、個別のことに
ついて申し上げる状況ではない」
だってさ。

細野の情報は朝日新聞だけみたいだ。
教科書の幅が狭まったとか言う前に、自分の情報が非常に狭いことを
よく自覚した方がいいね。

細野は「すべての教科書を読んだわけではない」という趣旨の発言も
しており、無責任さを曝け出した。
朝日新聞が政府批判をしているから、とりあえず批判しておこう程度の
底が浅い発言だということ。

これが野党第一党の政調会長のレベルである。
入手した情報の把握・分析ができておらず、その確認もせぬまま安易に
発言することの恐ろしさがまるで分かっていない。

こんなヤツらが3年もの間、政権に就いていたんだからゾッとするわ。