社民党の服部良一衆議院議員が、10月12日にソウルで開かれた
従軍慰安婦問題に関する反日集会に参加し、あいさつしてたってよ。

どういうつもりなんだか。
日本の国会議員が、反日集会に参加するなんて・・・・・。
本当に旧日本軍が「強制連行」して慰安婦にして、多大な苦痛を与えたと
でも考えているのか?

この問題は、ある大新聞が「強制連行」したって告白した人の発言に
基づいて、記事にしたことから始まってるんだけど・・・・・。

でも、この人「あれはウソで、作り話です。」って認めてるんだよ。
しかも、その後の検証によっても、旧日本軍による「強制連行」は確認
されていない。

こういうのを認めたくない人が多いことも事実だけね。
確かに、いわゆる「従軍慰安婦」と称される人たちがいたことは事実である。
しかし、それは貧しさゆえの対応であったり、民間朝鮮人にだまされたりと
いった理由で、決して旧日本軍の「強制連行」ではない。

連行されたと証言する韓国人女性がいることも知っている。
いろんな集会に行っては、一番前で泣いている「泣き女」おばさんが有名。
でも、この人言うことがいつも違うんだよね。連行された経緯とか、場所
とか当時の年齢とか。

まあ、この問題も含め、日韓基本条約の締結により、日韓間の戦後処理は
完了済み。

話を服部議員に戻すと、こういう人は日本をどういう国にしたいの?
国会議員になってやりたいことが、こういうことなの?

主義主張がいろいろあってもいいし、右巻き・左巻きの人がいたって
もちろん構わない。

しかし、国会議員という公職についている人間が、自国を非難する集会に
出席するというのは、どういうつもりなんだ!
国益と言うものを、どう考えているんだか(トホホ)。

こういう集会に行きたかったら、国会議員を辞職し、一民間人として
行ってくれよな。

社民党のこの人以外にも、過去に同じことをした民主党「トミ子ちゃん」が
いた。そういう言えば、「トミ子ちゃん」も元社民党だね。

「ハットリくん」、次の選挙では落ちるだろうから、その後は自由にやってくれ。