今日(もう昨日か)の新聞でサッカーの結果を見ていたら、
順位表の下に、totoとBIGの結果が出ていた。

おぉ~!! toto2億円が1口、BIG6億円が2口当たって
るぅ~!!。

宝くじを買い続け、億万長者になる夢を見ているオレにとって、
あこがれの金額!! 億とう漢字には滅法弱いんだな。
で、理系根性が出て、また確率を計算してみた。


まずはtoto。
13試合の、ホーム勝ち・ホーム負け・引き分けを予想。
3の13乗=1,594,323で、約160万通り(つまり160万分の1)。
1枚100円なので、全通り買うと1億6千万円。
全的中が1口なら2億円総取り。
なんと、全通り買っても約4千万円の黒字になる!! これはすごい。

続いてBIG。
14試合に対してtotoと同様の予想で、3の14乗=4,782,969通り。
約480万分の1。
1枚300円なので、全通り買うと約14億3,500万円。
当選金は、通常3億円、キャリーオーバーがあれば6億円。
6億円でも約8億円以上の赤字になる。

まあ、全通り買うは別にして、確率だけ見ると
 toto 160万分の1
 BIG 480万分の1

これをジャンボ宝くじ、ロト6と比較してみると、
 ジャンボ宝くじ 1,000万分の1
 ロト6       610万分の1
(関連 「ジャンボ宝くじ 夢の確率は?」「ロト6ならどうだ?」)

単純比較だと、サッカーくじの方が確率がいい。
サッカー自体にあんまり興味がないんで、totoを買うなんて発想が
なかった。
案外ド素人の方が、あれやこれやと考えないので、意外と・・・・・。
また、BIGだとコンピューターが予想してくれるから、なんも考え
なくてもいいし。

でも、今は宝くじのハズレ券収集が趣味のひとつになってるしなぁ・・・・・。