阪神タイガースの本拠地、甲子園球場の所在地(西宮市甲子園町1番)を
本籍地としている人が、10月26日時点で699人いるそうだ。
もしかしたら、もう700人になっているかも??

2009年2月は約500人だったというから、この2年半で200人近くも
増えている。約40%の増加。同時期の西宮市の本籍人口の増加率は
約2.5%だそうなので、球場の増加率は際立つ。

この3年間、阪神タイガースは、優勝できるだけの戦力を持ちながら、4位、
2位、4位という成績。しかも昨年のクライマックスシリーズでは、1勝も
できないなど、ふがいない成績が続いている。

こんな状況に熱心なファンが、応援の意味も込めて本籍地としてるのかな?

ところで、ご存知のように、日本では本籍地は住所と関係なく、国内なら
どこに置いてもよく、変更も自由である。

皇居に本籍を置く人が多いのは有名である。最近では、東京ディズニー
ランドに本籍を置く人も増えているようだ。

韓国に実効支配されている竹島や、ロシアに占拠されている北方領土
(択捉、国後、歯舞、色丹)に本籍を置けるかというと、もちろん置ける。
そりゃそうだ、日本の領土だから。尖閣諸島にだって置ける。

富士山の山頂(日本最高地点)も、沖ノ鳥島(日本最南端)も、宗谷岬
(日本最北端)にも置ける。

こう考えるとけっこう楽しいけど、実際問題として各種申請や戸籍謄本の
取得など、面倒くさいこともありそうだ。