山岡賢次国家公安委員長(他兼務)は、内閣府職員への年頭訓示式で、
「ユーロは破綻するんじゃないかと内心思っている。そうなると、中国の
バブルも破裂する可能性がある。」
と述べた。

さらに、
「金融・経済の大津波がやってくる。」
などと金融・経済危機を3度も「津波」に例えた。

なんとまぁ~、デリカシーに欠ける発言なこと。
前者は欧州各国が、危機回避に取り組んでいる最中だというのに。
後者は東日本大震災の被災者への、配慮を欠いた不適切発言だ。

やっぱりこいつは、根っからの◯゙カだ。
こういう表現をしたら、聞く側がどう思うだろうかっていう、想像力が欠如
している。

ダメ押しは、
「今年も良い年でありますよう、改めてお願い申し上げる」
と締めくくったが、誰から見ると「去年は良い年」だったのか??

東日本大震災、福島第一原発事故、超円高、タイの大洪水の影響。
何ひとつ良いことはなかったけど・・・・・。
(円高は意見が別れるかもしれないが。)

あっ!!お役人にとっては、良いことが多かったかもね。
公務員改革はまったく進まず、冬のボーナスは満額支給だし。

なるほどなるほど。

真意を曲解するなと言う意見もあるだろうが、一般市民の雑談じゃないん
だから。仮にも日本国の国務大臣の発言。それは非常に重いものだ。
そういうことが分かってないから、◯゙カだと言っている。