社民党の党首選があり、福島瑞穂が5選されたってよ。
これで5回連続の無投票当選。

今回は、反福島派の阿部知子政審会長、照屋寛徳国会対策委員長らが
対抗馬を立てるって、記者会見まで開いたのに。結局は、推薦人が集め
られず断念。

昔ながらの「護憲」「反原発」路線を突っ走る福島派に対して、民主党との
選挙協力で議席を確保したい反福島派との争い。

だいたい福島は、参議院の比例代表で議席を得ていて楽な選挙戦。
名簿1位なら間違いなく当選できる。前回(2010年)参議院選の社民党
比例当選は2人だけど・・・。

それに対して、照屋国対委員長は衆議院の小選挙区当選、阿部は復活
当選組。民主党との選挙協力なくしては、当選はおろか法定得票すら
得られず、復活もできないだろう。

反福島派の面々から見れば、「護憲」「反原発」をお題目のように唱え、
これだけ小党になってしまったのに責任すらとらず、そのくせ自分は絶対
当選の楽な選挙だけしてる、って感じの不満かな。

しかし、党首戦もできないほど、活力がなくなってるんだね。選挙戦を
やれば、多少なりともメディアで取り上げられ、党勢も上向くかもしれ
ないのに。

党首選も、推薦人制度なんてやめて、党員なら誰でも出られるように
してみたら?。そうしたら乱立するって??
乱立すればいいじゃないの。今みたいに5回連続無投票なんてのより
よっぽどいいと思うよ。