総務省は宝くじの1等賞金の上限額を、現在の3億円から
7億5000万円に引き上げる方針を決めた。
早ければ2013年からの発売を目指すと言う。

「夢を買う」という観点から見れば、7億50000万円という
額は非常に魅力的であり、これはこれで喜ばしいことである
のだが・・・・。

でもこれは、単に上限を上げれば売れるだろう、という安直で
貧困な役人の発想。
売り上げ低迷の原因が、自分たちにあることを知っているはず
なのに。

昨年の年末ジャンボを例に取ると、1等を2本(1ユニットあたり)
にしたのはいいけれど、下の当選が大幅減。
盛んに1等が2倍になったと、TVコマーシャルで煽っていたが・・・。

上に厚くすれば、必然的に下が薄くなる。
一般購入者が「当たった!」って実感するのは、1万円、10万円
クラスだからね。ここを削ったら、さっぱり魅力がない。

なんでこうなるかというと、宝くじの還元率が非常に低く抑えられて
いるから。
なんとたったの約48%!!
中央競馬は約75%だから、その低さは異常。

この寺銭がどこに行くかと言うと、役人の天下り法人にジャブジャブ
流れていく。つまり、売り上げが低迷して困っているのは、役人だって
こと。

1等を7億5000万円にしても、還元率が今のままなら、宝くじの売り
上げアップには絶対につながらない。
最初こそ、一時的に売り上げがアップするだろうが、結局は元に戻るか
更に下がる。

還元率のアップなくして、宝くじの売り上げアップはない!!