早稲田大学法学部の入学試験で、国旗国歌をめぐる教員の
不起立訴訟を取り上げ、国歌斉唱時の起立強制はふさわしく
ないとする問題文を出題していた。

出題されたのは「政治・経済」で、問題文は「日の丸・君が代が
戦前の軍国主義下でのシンボルと考える人々にとっては、
君が代に敬意を払えという命令は、自己の思想に反すると感じ
られる」と指摘。
「教育には強制はふさわしくないのではなかろうか」と結論づけて
いる。

また「学校の式典で日の丸を掲揚し君が代を斉唱することは、
それを通じて国家への敬愛の念を抱かせようとするものであり、
教育には似つかわしくない」と記述している。

まあ、問題を作った教授が左巻きだった、ということ。
早稲田大法学部の総意ではないだろうけど。

早稲田は私学だから、どういう教育方針でも構わない。
日の丸・君が代は大嫌い!!という学生ばかり入学させても問題
ないし、不起立界のジャンヌ・ダルクみたいなのばっか、養成しても
いいけどさ。

でも、我々の税金から出ている私学助成金は、返してもらわないとね。

不起立界のジャンヌ・ダルクは下記参照。
 「不起立界のジャンヌ・ダルク??
 「不起立界のジャンヌ・ダルク?? その2