日の丸・君が代反対の不起立教員、というか不適格教員について、
いろいろ書いてきた。
 「不起立教員なんて一掃しろ!
 「不起立界のジャンヌ・ダルク??
 「不起立界のジャンヌ・ダルク?? その2

ふと、オレが中学・高校生だった頃の教員はどうだったっけ?と思い
ついた。

中学校時代の教員で、卒業式・入学式で不起立教員がいた記憶は
ない。(気が付いてないだけか?)
ただ、近代史(歴史)の授業では、やけに日本国を卑下した授業を
行っていた教員がいたことは覚えている。

高校時代では、最寄り駅で日の丸・君が代反対のビラを配っていた
教員がいた。2人組で配っていて、「ちょっと考えて」とか言っていた。
その教員が卒業式で不起立だったかは知らない。興味もなかった。

ただ、上記とは別の教員(地理)が、盛んに本多勝一の本を読ませよう
としていた。夏休みの宿題が、本多勝一の本の感想文だったことを覚え
ている。地理なのに感想文!!

本多勝一は、もともと朝日新聞記者で、「中国の旅」という中国共産党の
プロパガンダ本を書いたことで有名である。
中国共産党が用意した人間からインタビューしたことを、そのまま垂れ
流した。

当時はこういう知識もなく、宿題だから本を買ってまで読んだけどね。
(どんな感想文を書いたか、まったく覚えていないが。)

まあ、昔から不起立教員はいたんだろうけど、学生の側からみれば今も
昔も「そんなことには興味ないっ!」ってあたりだろう。

卒業式の主役は卒業生、入学式の主役は新入生。
この事実だけは、アホ教員にも認識してもらわないと困る。