国会議員1人当たりの歳費を、2年間で約540万円削減する特例法が
4月27日午前の参院本会議で可決、成立した。

たった2年間の時限措置でしかなく、「やらないよりまし」程度の価値しか
ない。この程度のことでお茶を濁そうとしている政治屋連中には本当に
あきれる。

しかし、この法案に社民党が、「政治活動には金がかかる」として反対した
のには、開いた口がふさがらない。

社民党の議員は、何に金がかかるんだ??
韓国の反日集会に参加するための旅費か?
(「相変わらず、変な国会議員がいるなぁ~」参照。)

アホな米国雑誌に、世界の頭脳と持ち上げられ、米国までノコノコ出かけて
行った旅費か?
(「えっ?? 福島瑞穂が世界の頭脳??」参照。)

まあ、いずれにしても、主権者たる国民の意志とは、全く違う対応だな。