野田くんが内閣改造を断行した。

問責閣僚交代させるとともに、少しでも突っ込まれそうな
ネタを持っている閣僚を代えた(鹿野と小川)。

直前の小沢との2回の会談含め、消費税増税に突っ走る
意気込みを示したように見えるが・・・。

ところが、何を萎縮しているのか、輿石幹事長をそのまま
残してしまった。
これでは何の意味もない。

もともと輿石は、野田くんと小沢をつなぐ役割を期待されて
いたと思うが、結局は何の役にもたっていない。
野田くんから見れば、国会運営の足を引っ張っているだけ。

野田くんが、本当に「政治生命を賭けて」社会保障と税の一体
改革と称することをやりたいなら、何とも中途半端な対応である。

そのためには、国会運営が自分の思いのままでないと無理だ。
必然的に、幹事長を自分の腹心(いるかいないか知らないが)に
やらせるくらいのことをしないと。

口では威勢のいい事を言ってるけど、実行に移せない典型だね。
これでよく「決められない政治からの脱却」なんて言えたもんだ。

オレは、野田くんを支持していないし、この時期の消費税増税にも
大反対。でも小沢もまったく支持していない。
小沢が真っ先にマニフェストを反故にしたことを、オレは忘れていない。
そう、ガソリン税の暫定税率廃止を潰したは誰だってこと。

それが今になって、マニフェストに増税なんて書いてない、なんて
よく言えたもんだ。結局、反対のための反対。政策も何もない無能
政治屋。何でも政局にして、自分を誇示したいだけ。