7月29日に投開票が行われた山口県知事選で、元官僚の候補が当選した。
元官僚が当選したことを否定しようと言うわけでない。実は敗れた候補に
対して考えたいのである。

この候補は原発を激しく否定している、いわゆる「市民運動家」で、橋下
大阪市長のエネルギー政策ブレーンなどと紹介されていた。

この人の従来からの主張は、
・近日中に原発の発電は自然エネルギーでまかなえる
・電力は足りている
・原子力ムラの謀略だ
・ヨーロッパは理想の地
・埋蔵電力はたくさんある
などなど。

これ見て「その通りだ!!」って思う人も、最近は多いのかもしれない。
しかし、本当にそうなのか??
まあ、全部間違ってはいないけど、100%正しいとも思わない。

でも、原発論争をしようと思っているのではない。
いわゆる「市民運動家」がトップに立つことの怖さを言いたいのだ。

「市民運動家」と称する人に、だいたい共通する事項として、
・正義や民主主義を唱えながら、自分の主張を押し付ける
・行政批判を繰り返し理想を語るが、その実現可能性とコストを考えない
・まず相手を攻撃し、正悪という単純な二面でしか物を語らない

この手の人間をトップに戴くと、下々がどんな不幸になるかを、日本人は
去年経験している。
反原発運動家を大量生産させた、どうしようもない首相がいたことを、まだ
覚えているだろう。

そういう意味で、この「市民運動家」を選ばないという、正しい判断を山口
県民はしたと思う。