「慰安婦が軍に暴行、脅迫を受けて連れてこられた証拠はない。あるなら
韓国にも出してもらいたい」
という橋下市長の発言を、韓国メディアは「妄言」と批判している。

しかし本当に「妄言」か??
そんなことはない。橋下発言は100%正しい。

慰安婦問題がこじれている原因は、朝日新聞の「意図的な混同」と、福島
瑞穂らの慰安婦弁護団の「すり替え」が原因だからである。

朝日新聞は、軍の慰安所経営への関与を、慰安婦の日本軍による強制
連行と「混同」させた。

日本軍の慰安所経営への関与は、軍隊・地域の規律・秩序の維持のため
である。
歴史上でも、平安時代末期、京都へ侵攻した木曽義仲軍が、略奪・暴行を
行い、京都の治安が大きく低下した事実がある。
こういうことを避けるための「軍の関与」である。

これが、いつの間にか、「軍による慰安婦の強制連行」になってしまった。
吉田某による、虚偽の告発があったにせよだ。
当然それを裏づける証拠は出てきていない。

また福島瑞穂らは、元慰安婦の「無理やり連れて行かれた」という証言を
「軍による強制連行」にしてしまった。
確かに、本人たちの意思に反して「無理やり連れて行かれた」ケースも
あった。でも、この主体は慰安所経営者であったり、仲介業者である。
貧しさゆえの・・・もある。

こういう事実が理解されずに、朝日新聞や福島瑞穂らが騒ぐことで、
アムネスティや欧米メディアは「女性の人権侵害」と取り違え、「戦時
性暴力」と指摘することになってしまった。

朝日新聞と福島瑞穂らの罪は非常に重い。

最後に、韓国がベトナム戦争参戦時、どんな非人道的なことを行ったか?
ここでは書けないような話だ。しかし、韓国がベトナムに謝罪したという話は
聞かない。

こういうことを朝日新聞は決して報道しないし、福島瑞穂も追及しない・・・。