8月27日の朝日新聞「声(Voice)」欄に、「領土問題は冷静に話し合おう」
という投稿が載った。

要約すると、
領土問題について、挑発的な言動をすれば相手国の感情を逆なでし、
亀裂を拡大するだけ。力対力では将来までしこりを残し、本当の解決には
ならない。ナショナリズムをぶつけ合うのではなく、時間をかけて話し合いに
よって解決すべき。解決までは棚上げすればいい。

ほぉ~、なんと悠長なことを。
ちょっと例え話を。

自宅から100mの所に畑を持っていて、家庭菜園として野菜を作っていた。
忙しさにかまけ、しばらく畑に行ってなかった。久しぶりに行ったら・・・。

自分の畑に誰かが野菜を作っている。隣人だ。
何をやってると聞いたら、自分の土地に何を作ろうが勝手だ!と言われた。
ここはオレの土地だと抗議しても聞き入れられない。
後日行ってみると、畑の周りに有刺鉄線が張り巡らされていた。

しだいにどんどんエスカレートして、監視小屋まで造り、侵入を絶対に許さ
ない、という態度だ。

土地の登記簿を持って話し合いに行くと、すっごく古い図面を持ってきて、
「ひい爺さんがこの土地の持ち主だと書いてある」と言う。よく見ると書き
換えた形跡もある・・・。

そんな誰が描いたか分からないような図面はダメだ!と言っても聞く耳持を
持たない。遂には土地を奪おうとしていると、極悪人呼ばわりする。

こんな相手と何を冷静に話し合えばいいんだ??