福島瑞穂は、民主党との連立政権時、消費者相や少子化担当相とかを
兼務していた。

当然SPが付き、毎日警護をしていた。
(現在も、政党党首と言う立場で、SPの警護が付いている。)

なぜ首相を始め、閣僚にSPが付くかといえば、閣僚にもしものことが
あれば、国家運営に支障をきたすからである。
誰も日常的に閣僚が狙われるなんて思っていない。
あくまで万が一のことを考えてだ。

福島瑞穂理論で言えば、閣僚を狙うような不届き者はいないので、SPの
警護も不要と言うことになる。

でも、福島瑞穂がSPの警護を断った、と言う話は聞かないし、今も警護が
不要と言っているのを聞いたことがない。

結局、相変わらずの論理矛盾である。
しかも自分が気付いてないところが、さらに痛い。

「日本を攻めてくる国があるとは思えない」けど、万が一に備えるのが
国会議員の役目である。

こんな単純な話しが、なんで理解できない??

関連 「相変わらずな福島瑞穂