社民党の福島瑞穂党首は、自民党総裁選各候補の主張について、
「本当にひどい。誰一人、脱原発は言わないが、集団的自衛権行使容認と
憲法改正は言っている」
と批判した。

その上で、自民党が政権復帰すれば、
「復古調というか、時計の針を戻すようなひどい政治になる。自民党政権に
戻っていいとは1ミリも思わない」
と強調した。

民主党政権に対しても、消費税増税やエネルギー政策(原発ゼロを閣議
決定しなかった)を批判してるし、橋下徹大阪市長に対しても、種々批判
してる。

福島瑞穂は、もう日本にいてもしょうがないね。
こいつの政策が、日本の政策になることは10000%以上ないし。
中国や韓国にでも行って、反日デモ三昧の生活を送ればいかが?