iPS細胞からつくった心筋細胞を、重症の心臓病患者に移植したと主張
した後、そのほとんどが虚偽であることが分かった某ダメ人間(48歳)。

千葉県市川市の1Kアパート暮らし。
アパート周辺では、
「東大医学部の教授になりました」
「ノーベル賞候補になったので、スウェーデンに行ったんです」
「東大の大学病院で医師をやっています。ハーバード大学の客員教授を
務めていた時期もあります」

当然、すべてがホラで、そんな事実はまったくない。

「見栄っ張り」で済むくらいのウソならまだいいが、ここまで来ると
「この人大丈夫??」って思ってしまう。

心理学者の駒沢女子大・富田隆教授によると、
「嘘をついて自身を誇大化させる人物というのは、認められたいという欲望が
人一倍強いが、実績がない人間に多いです」
「100mを5秒で走れると嘘をつく子供と同じで、理想に向かって努力せずに
嘘で人々の羨望を得ようとする」
と言うことらしい。

「幼児性」が強いまま大人になり、「自分はもっと認められるべき人間だ」
という「根拠のない自尊心」が強く、医学という一般からは分かりずらい
専門性の強い分野だったことが、彼を「暴走させた」ということかな。