先日(1月17日)、大相撲1月場所5日目を観戦してきた。

別に相撲ファンと言うわけでもなく、逆にスポーツとして認知してないし、日本相撲協会の興行と考えているので、いわゆる色んな問題も込みで「大相撲」と思っている。

まあ1回観てみよう、って感じ。

両国駅から国技館に向かっていくと、もう雰囲気満点。実は、国技館に来るのは2回目。前回はもう10年以上前に、新日本プロレスG1クライマックスに来て以来。

1b046d54.jpg
a759f6cd.jpg
72f872de.jpg
国技館前には「力士幟」が林立。横綱、大関はもちろん、行司さんのものなどもあって、実にバラエティーに富んでいる。みんな「贈」ってあって、下の方に贈り主の名が。贈り主は後援会だったり、俗に言う「たにまち」さんだったり。

色使いは虹の7色を使うのが一般的のよう。黒は負け(黒星)を連想させてしまうので、避けられているようだ。

事前にチケット料金を調べ、「2階椅子席の自由席でいいや」と思ってたんだけど、すでに売り切れ(14時くらい)。自由席は2階の1番上(というか後ろ)だけど2100円と1番安い。

さて、マス席(1人じゃ買えない?)の1番後ろと同じ値段の、2階椅子席Aを購入。8200円。正面だとけっこう後ろになるみたいだったので、東の2列目ということで。

91ad27e7.jpg
ちょっと高いかな、とも思ったんだけど、初めての大相撲観戦なので、まあ良しとしよう。

7272ff8a.jpg
チケットの「もぎり」をしているのは、往年の名力士(?)の親方たち。見たことあるような、ないような感じだったけど、帰ってきてから一生懸命調べたら、元関脇・栃乃和歌の春日野親方のようだ。(違ってたらごめんなさい)

567fd5a9.jpg
35996aed.jpg
前日までの幕内、十両の成績表の裏には、今日の全取組が序の口から横綱戦まで全部載ってる。

いよいよ国技館内へ向かう。

と、今回はここまで。
大相撲 初観戦記」という新カテゴリーを作って、引っ張ることにした。ネタ不足のこの時期、貴重なコンテンツなので。

というか、写真の整理と文章作成が追いつかない、というのが本当のところ。なんとか、1月場所が終わるまでには、完結させたい・・・。

【ご了承をお願いします】
今後掲載していく予定の記事中の写真に、土俵周りの観客の方々のお顔が、それなりの大きさで写っていたりしますが、すべてにモザイク処理をするのは不可能ですので、申し訳ありませんが、そのまま掲載させていただきます。ご了承をお願いいたします。