今回は幕内の取組を観ての感想や諸々の雑感。

立ち合い時、両者がぶつかる音って、もう少し大きいのかと思ってたけど(ドスンとかゴツンとか)、意外とたいした音がしなかった。その代りじゃないけど、塩を取りに行くときなどに、身体やまわしをたたく音は非常に良く響く。特にまわしをたたく音はいい音だね。

それと、行司さん、呼び出しさんの声は国技館の奥まで響き渡る。この日の十両最後の取組の行司さんの声は素晴らしかった。

また、けっこう力士名の声援が飛ぶ。女性の声援も多い。男性の声援は、酔っぱらってるようなのが多かったかな(笑)。

あと、懸賞を掛けた企業名はちゃんと全部アナウンスするんだね(当然か)。申請の仕方だと思うんだけど、キャッチコピー付きで紹介されるんだね。お茶漬けで有名な〇〇園なんかは、「味ひとすじ お茶漬け海苔の〇〇園」って感じ。

今回、美容整形外科が同じ取組に3本懸賞を掛けている例があって、
「イエス!イエス!〇〇クリニック」
「イエス!イエス!〇〇クリニック」
「イエス!イエス!〇〇クリニック」
と、3回繰り返し放送され、笑いが起きていた。館内放送は、これをまじめに読むから、余計おかしく感じる。

オロナミン〇で有名な△△製薬も、同じ取組に3本掛けていて、
「元気はつらつ オロナミン〇」
「飲んで元気 オロナミン〇」
「炭酸栄養ドリンク オロナミン〇」
と、ちょっと違う言い回しになっていた。

NHKのTV中継では、この懸賞幕が土俵に上がると、引きの映像にした上に音声を絞っちゃうから、なかなか知らないよね。

1月場所も既に終了しちゃったため、次回改めてその結果を書いて、終わりにする。