オレが観戦してきたのは5日目だけど、既に1月場所も終了しているので、記事内に出てきた力士を中心に、その結果を書いておく。

2013年の1月場所の主な結果。

優勝は、15戦全勝で日馬富士。横綱2場所目にして、横綱初優勝! 通算5度目。

十両の高見盛は、結局5勝10敗。千秋楽の取組後、引退を発表。今後は、年寄・振分として東関部屋付きの親方になる。結果的に、最後の場所を観に行ったことになり、運が良かった。

地元の土浦市から大応援団(後援会のみなさん)が来ていた高安。なんと12勝3敗で敢闘賞を受賞!こんなに勝ったのに、後援会のみなさんの前で負けるなんて・・・。

大関復帰のかかっていた把瑠都は8勝7敗。大関復帰ならず。今後は、地道にまた大関を目指すことになる。

大関陣は、稀勢の里と琴欧州が10勝5敗で、まあまあの成績。鶴竜と琴奨菊は8勝7敗。特に、琴奨菊は千秋楽で鶴竜に勝って、やっと勝ち越し。大関互助会??

白鵬は12勝3敗で、白鵬としてはあんまり良くない成績。千秋楽で日馬富士に敗れ、日馬富士の全勝優勝を許す。まあ、いろいろあるってことかな??

最後に、弓取式をやってる群馬県出身の三段目・聡ノ富士は、2勝5敗。弓取式以外でもTVに映れるように頑張ってもらいたい。

と言うことで、人生初の大相撲観戦記は、これを以って終了です。たった1日の観戦記を書くのに、2週間近くかかってしまった・・・。