社民党が約50年間、党本部を置いていた社会文化会館で「お別れの会」が
開催された。

社文会館は老朽化が進み、東日本大震災後の耐震診断で使用不可とされた
ため、党本部は先月、首相官邸裏の民間ビルに引っ越した。
会館は解体される。

村山元首相は、「社民党が、全然根もないような政党に何で負けるんだ? 
歯がゆい」と現執行部にハッパをかけた。

社民党は消えていく運命なので、村山ごときが何を言おうが、どうでもいい。
社文会館のように、社民党も解体だ!

ところで、昨年実施された社文会館の耐震診断費用の一部に、東日本大震災
復興予算が使われていた。

社民党は、復興予算が被災地以外の事業に流用されていた問題を批判して
きたが、自分たちもその恩恵に浴していたんだ。

まったく、どうしようもない政党だ。
まあ、もともと社文会館は国有地に建っており、社民党が国からタダ同然で
借りていたんだから。

自分たちの既得権益には触れず、国会で何を批判しても、まったく支持を
得られないのは当然だ!

とにかく、一刻も早く消滅してくれ。
税金どろぼうが!!