米空軍嘉手納基地所属のF15戦闘機1機が、5月28日沖縄県国頭村
安田の東南約59km沖合の海上に墜落した。搭乗していた乗組員は
1人で、墜落前にパラシュートで脱出し、航空自衛隊のヘリコプターが
救助した。

沖縄では基地に対する不安から、さまざまな非難の声が挙がっている。
沖縄のすべてが反基地や反米軍、反日だとは思わないが、あまりにも
非人道的な輩もいるようだ。

沖縄国公労の委員長の発言。
「なぜわざわざ自衛隊が米軍を救助したのか。自衛隊が米軍に完全に
組み込まれ、事故があれば自衛隊が米軍の救助部隊になるよう想定して
いたのではないか」

えっっ??
人を助けてはいけないのか?
海上に堕ちちゃったんだから、自衛隊が救助に行くしかないだろう。
海保が行くより早く行けたから、自衛隊が行ったんだろ。

いくら思想的に認めない・相いれないからと言って、救助そのものを否定
するなんて・・・。
さすが、公務員労組だね。自分たちの既得権益を守ることより、国のことも
もっと考えなよ。

しかし、自衛隊も人命救助をして、批判されるなんて報われないね。