慰安婦問題は朝日新聞の誤報から始まっている。
オレは優しいから「誤報」と言う言葉を使っているが、本当は意図的な
「捏造」に近い。

こんな朝日新聞が、また戯言をほざいている。
6月1日の朝刊は、あまりにもひどい紙面作りだった。

1面で「慰安婦発言を国連委は批判 日本の政治家、事実否定」
社会面で「否定論に危機感を 国連委、政府に宿題」
社説で「慰安婦発言 橋下氏の責任なお重い」
ときた。

よくも恥ずかしげもなく・・・。
朝日新聞には「反省」する文化がないらしい。

もう充分周知の事実になっていると思うが、改めて慰安婦問題の発端は
1982年(昭和57年)9月2日の「朝鮮の女性 私も連行」という記事に始まる。

これは吉田某が1943年(昭和18年)に韓国・済州島で「慰安婦狩り」を
したという内容。この後、吉田は何回も朝日新聞に登場し、日本軍の悪行を
語る。

そして、1991年(平成3年)8月11日「元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀
重い口開く」という、元慰安婦が名乗りを上げたという記事。
「女子挺身隊の名で連行された」というもの。

ダメ押しは1992年(平成4年)1月11日の「慰安所軍関与の通達・日誌
募集含め監督・統制」という、軍が組織的に関与していたという記事。

これらにより、「旧日本軍」が「強制的」に「慰安婦」を連行した、という3段
論法ができ上がってしまった。

そして1993年(平成5年)8月4日の「河野談話」になってしまう。

吉田某の「慰安婦狩り」は、まったくのでたらめ(作り話)であったことが確認
されている。
これには韓国の済州新報も取材をしているが、事実ではないとしている。
また、韓国の郷土史家も調査を行い、拉致の事実はないとしている。
(今の韓国人はこれを知ってるのか??)
吉田某本人も、最終的に作り話であったことを認めている。

次に名乗り出た「元慰安婦」だが、これも作り話で本当は40円で母親に
キーセンに売られたことが分かっている。
だいたい「挺身隊」の意味が分かってないくらい、ひどい記事だが。

実はこの記事を書いた朝日新聞記者の義母(韓国人)が、とある団体の役員
で、日本政府を相手に裁判を起こすことを勧めている。まあ、「慰安婦」で
ひと儲け企んだということ。これに福島瑞穂が加担している。

福島瑞穂はこの活動により「人権派弁護士」として名を売り、土井たか子の
目に留まり、参議院議員へと出世(?)していくことになる。

最後の軍の関与を示すという資料だが、内容は「慰安婦募集に際して業者が
悪どい手口を使うので取り締まれ」というもの。
これを軍が積極的に「慰安婦」の管理をしていたと報じたのである。

このような作り話に基づき発表された「河野談話」を見直す動きがでるのは
当然のことである。

朝日新聞の3段論法は、全て事実無根であると論破されているにも関わらず、
相変わらず「反省」なしで、発言者の批判を繰り返す。

これに乗せられた、俗に言う「文化人」連中も「強制性」は否定されている
にも関わらず、「狭義」の強制性はなくても「広義」の強制性はある、とか
いう変な日本語を駆使してまで自国を辱めている。

朝日新聞の大誤報には、歴史教科書の記述が検定により、中国への「進出」
という表現に変えられた、というのもある。
もちろん、そんな事実はない。

これにより、中国・韓国が日本の歴史教科書に口を出す「教科書問題」が
始った。

朝日新聞が中韓よりの記事を書くたびに、国益が損なわれていく。
そして、謂れのない非難を国際社会から浴びる。

おいっ! いい加減にしろよ朝日新聞!!