伊勢崎市田中島町にある「伊勢崎あすか幼稚舎」の子どもたちの演奏が
YouTubeで話題になっている。

ショスタコービッチの「交響曲第5番」第4楽章を、ピアニカ、電子ピアノ、
マリンバやティンパニーなどで演奏している。
現在までに29万5000回あまり再生されている。



でも、オレ的には2012 ミュージックフェスティバルの演奏の方が気に
入ってる。
ホルストの「惑星」から木星と、「さくら」のアレンジ曲。


立派なホールで演奏しているので、あすか幼稚舎のイベントではなく、
伊勢崎市のフェスティバルかも。

幼稚園児の演奏とは思えないほど素晴らしい!
しかも、全員暗譜(楽譜を覚えていて見ない)で演奏している。

これは、ちょっとした感動を覚える。

あすか幼稚舎は独自の教育方針を掲げているらしく、専任講師が英語や
茶道、楽器などを指導しているという。

ただ、楽器が非常に立派だし、私立なので学費は高そうだけどね。