インターネットを使った選挙運動が先の参議院選から解禁され、ネット選挙と
一部でもてはやされた。
参議院選が終わって今考えると、「たいしたことはなかった」というのがオレの
感想。

別に投票行動がネット情報で左右されることはなかったし、貴重な情報が
ネットから得られたわけでもなかった。
まあ一部の無名候補者が、意外な票を獲得したとかあったみたいだけど。

選挙運動中も多くの候補者がHPやFB、ツイッターで情報を発信していた
のを見てはいたけど、他のメディア(TV、新聞など)から得られる情報と大差
なかった。

ただ、一部の候補者がとんでもないことを言ってるのを見て、「なんだこりゃ」
というのはいくつかあった。

1番ひどかったのは、社民党の比例区候補。

7月12日のツイッターで、
「単身女性の3人に1人が月額9万7千円以下で生活。一日5人が餓死」
特に後半部分の、一日5人が餓死って何?
政府の社会保障などを批判してのツイートだろうが、誇大妄想以外の何もの
でもない。

こいつは、福島瑞穂が一押しだったみたいだけど、結果的に社民党職員
候補にも得票で負けていた。

あと、緑の党(みどりの風ではない)の比例区候補者は、街頭演説で
「福島原発事故の影響で奇形児が生まれている」
というショッキングな話をした。
(奇形の内容も具体的に言ってたけど、ここではちょっと書けない。)
メディアが調査したところ、そのような事実なはいと言うことだったけど。

必要以上に原発事故・放射能不安を煽っている姿は、全く理解できない。
(そういう選挙戦で当選したのもいたけどね。)

この候補者は九州に避難していて、この演説も九州で行ったもの。
こういうの多いよね。
自分が勝手に不安がって遠くへ避難しながら、風評被害を逆に巻き散らして
いるヤツ。

「堂々と福島で訴えろや」、と言いたい。