尖閣諸島を舞台にした「光栄な使命」というタイトルのゲームが、中国の
ゲームメーカーのウェブサイトで公開された。

その内容は、尖閣諸島に押し入った主人公が次々に自衛隊員とみられる
兵士を射殺していくというとんでもない内容。

元々は人民解放軍の南京軍区と民間企業が2011年に共同で開発し、
兵士に教材として配っていたが、バージョンアップしてネットワークゲーム
にも対応した。新たに追加された内容の中に、尖閣の場面が含まれている。

ゲームでは「釣魚島を(尖閣諸島の中国名)防衛せよ」と題して、主人公が
尖閣諸島に侵入。島内の施設に押し入って次々に兵士を狙撃するという
内容。銃撃された兵士はうめき声を上げながら倒れ、画面には旭日旗の
アイコンと日本人の名前が表示される。
「自衛隊」の文字も確認でき、日本を敵国として位置づけている。

過去にも「保衛釣魚島」(釣魚島を守ろう)と題したiPad向けのゲームが
あったが、問題なのは今回は作成に軍が関与しているということだ。

日本にもサバイバル系のシューティングゲームは多々あるが、実在の
場所が舞台なものはない。
ましてや、自衛隊が作成に関与しているゲームなど皆無だ。

軍が率先しての日本への敵意を煽り、ナショナリズムを鼓舞している。

媚中派議員や反日議員に問いたい。こんなことを許していていいのか??