前回に引き続き「はだしのゲン」について。

「はだしのゲン」が、週刊少年ジャンプの連載終了後、左派系雑誌、共産党系
論壇誌、日教組機関誌で連載されていたことは前回書いた。

少年ジャンプ連載分は、原爆投下直後の広島を描き、多少ショッキングな
描写はあるが、ゲンが必死に生き抜こうという姿が描かれている。

原爆によってゲンの家が倒壊し、父、姉、弟が下敷きになって動けない。
そこへ火の手が迫る。父はゲンや母に逃げろと叫ぶ。
逃げることをためらうゲンが、やっと逃げようとしたとき、動けない弟が
「兄ちゃん逃げるのか、するいぞ」と泣き叫ぶ。

こんな描写に、幼心にもジーンときたのを覚えている。
(だからといって、個人的には前半部分も良書だというつもりはない)

ところがところが、後半部分は完全な作り話(フィクション)である。
ありもしないことを連載誌の意向通り書いている。
作者の中沢氏もしょうがないと思っていたのか、もともとこういう思想の
持ち主だったのかは知らないが。

「なんで嫌いな天皇をほめたたえる歌を歌わないけんのじゃ」
「天皇は戦争犯罪者じゃ」
「日本軍は中国、朝鮮、アジアの各国で3000万人以上の人を残酷に
殺してきてるんじゃ」

おぉ~、左翼、日教組の言い分をそのまま垂れ流し。
3000万人なんて数字は、中国共産党のプロパガンダ以外の何物でもない。

終戦直後は、中国自身(当時は国民党政府)が320万人だと言っていた。
(この数字にも根拠はないけど)
それが共産党政権になると、1500万人になり、2100万人になり、つい
には3500万人なんて数字になった。

で、松江市教育委員会も問題視した
 アジア人の首をおもしろ半分に切り落としたり
 銃剣の的にしたり
 妊婦の腹を切り裂いて中の赤ん坊を引っ張り出したり
 女性の性器の中に一升瓶がどれだけ入るか、たたき込んだり
というような描写がある。

日本兵の残虐ぶりをこれでもかっ、と描いたうえで
「日本が三光作戦という、殺しつくし奪いつくし焼きつくしという、ありとあら
ゆる残酷なことを、同じアジア人にやっていた事実を知ったときは、ヘドが
でたわい」

これ、中国軍がやったことじゃんかよ。
「三光」って殺光・焼光・搶光を指し、それぞれ殺し尽くす・焼き尽くす・奪い
尽くすことを意味する漢語である。つまり中国語であって日本語ではない。
日本人なら「光」が、~し尽す、という意味は理解できないだろう。

まあこれだけではなく、後半部分は日教組などのプロパガンダ本に成り下が
っている。

まあ、いろんな意見の人がいるのは承知しているので、「はだしのゲン」が
それでも良書だというならそれでもいい。
でも、最低限全巻読んでから言って欲しい。