2020年のオリンピックに東京が選ばれたことは、まことに喜ばしいことである。

ところが、朝日新聞は東京オリンピックに反対らしい。
「反対らしい」と書いたのは、明確に「反対」とは書いてないのだが、記事の
内容を見ると、どう見ても反対としか思えないからである。

66731c63.jpg
これは9月10日の朝日新聞と上毛新聞の朝刊1面。

上毛新聞は招致団の歓喜の様子を大きな写真入りで伝えている。
それに対して朝日新聞は、東京都庁のライトアップの写真のみ。

記事を見ると両紙の違いは明らか。
2面以降。
上毛新聞
 「もう待ちきれない」「『トーキョー』喜び爆発」
 パブリックビューイング会場が盛り上がっている写真も。

4384842e.jpg
5面では、歓喜の様子を紙面すべてを使って写真で表している。

朝日新聞
 見出しは「細心の集票 五輪つかむ」ってなってるけど、記事の内容はIOC
 委員が無難な選択をした。つまり消去法で東京になったと言っている。

社会面の違いはもっと大きい。
上毛新聞
 「見たい出たい 夢膨らむ」
 「県民興奮『日本元気に』」

朝日新聞
 「復興五輪 どう描く」
 「被災地に目を向けて」「工事・予算の東京集中 不安も」
 さらに、プレゼンで高円宮妃・久子さまがスピーチを行ったことを、皇室の
 政治利用だと批判している。
 それも自分では直接批判しないで、大学教授のコメントでそれを行っている。
 なんと姑息な!
 しかも、「問題ない」という肯定論は記載なし。

朝日新聞のずるいところは、世論と称して読者投稿欄(「声」)を使うこと。
この日掲載の投稿は、すべてオリンピック・パラリンピック関連だが、6つの
投稿のうち5つが、「喜ばしいけど不安や心配がある」という内容。
読者も心配してるよ、って言いたいのか??

とにかく朝日新聞は、紙面作りがとにかく姑息である。
盛り上がっているオリンピックに対して、「喜ばしいことだ」と言いながら
ぶつぶつ不満を言っている。

朝日新聞よ、東京オリンピックに反対なら、明確に反対だと書けばいいじゃ
ないか!