朝日新聞には紙面審議会というのがある。
社外の有識者に委員を委嘱し、読者の立場から朝日新聞の記事や紙面
編集について意見を寄せてもらう組織だという。

9月10日の朝日新聞朝刊に、「わたしの紙面批評」という記事があり、
紙面審議会委員の斎藤美奈子という人が、朝日新聞の紙面について
寄稿していた。

これを読むと、紙面審議会と言うのは、朝日新聞が自分たちの考えに
近い人を「雇っている」だけ。
「わたしの紙面批評」なんてのは偽りだ!!

松江市教育委員会の「はだしのゲン」閉架問題に関しては、
「新聞が世論を形成し、世論が教委を動かした。8月のヒットだった」
だってさ。

「はだしのゲン」は良書か? で3回にわたり書いたが、こんな論点ずらしの
記事と、左翼プロパガンダ本賛美が「ヒット」だってさ。
 「「はだしのゲン」は良書か??
 「「はだしのゲン」は良書か?? その2
 「「はだしのゲン」は良書か?? その3」 ← 朝日新聞に関してはここ

東京オリンピック招致報道に関しても、この半年「国威発揚」「翼賛報道」が
多く、反対者は「非国民」扱いされかねない中、よく抵抗を示したと評価。
反対者の声は抑圧されるから、少数派の意見、批判しづらい案件に耳を
傾けてだってさ。
 「朝日新聞よ、東京五輪反対なら反対って言え!

東京オリンピック招致に関しては、反対なら反対と書けばいいのに、明確に
反対と書かない朝日新聞の何を評価したのか??

この斎藤美奈子という人は、作家で文芸評論家らしい。
まあ、朝日新聞に選ばれることだけはあるね。

タイトルを「わたしの好きな朝日新聞」にしたらどうか?