10月27日の朝日新聞政治欄に、「反共に耐え やっと前へ」という共産党の
特集記事が載っていた。しかも紙面の2/3もさいて。
まあ、昨年の衆議院選、今年の参議院選で議席が増えたという、たいしたこと
ない与太記事だけど。

これを見て思い出した。
共産党は偉そうなことを言っているけど、実は誤魔化しだらけの政党だと
いうことを。

特に外交、憲法や天皇制に関しては、誤魔化しだらけである。
共産党の主張は護憲と天皇制廃止が有名だ。
でも、この2つは矛盾している。
天皇制を廃止するには憲法改正が必要なのは誰でも知っている。

だいたい天皇制に関しても、「将来の国民の議論に委ねる」なんてことも
言ってる。だったら国民の大多数が現行天皇制を「是」としているんだから、
共産党は天皇制賛成に転じないとおかしい。

いや、護憲は憲法9条に関してだ、という反論が聞こえてきそうだが、実は
これもおかしい。
憲法9条をもとに自衛隊を違憲だというなら、即時廃止を求めないといけない。
でも、共産党は「現実問題として、すぐにはなくせない」と言う。

天皇制といい憲法といい、典型的なご都合主義である。

共産党が自分の主張を国民に訴えようとしたら、天皇制には反対だから
憲法を改正する。自衛隊は即刻廃止する、と言わなければならない。

外交も誤魔化しだらけである。
「軍事力に依存しない外交力」が大事だと言う。
でも対中・対韓に対して、有効な外交交渉法を提案をしたことはない。
結局は「話し合いが大事」っていう戯言を言うだけ。

だいたい、外交の背景には軍事力がつきものである。
北朝鮮が「核を持っているぞ」と盛んに吹聴するのはこのためだ。
裸で交渉の場に行っても、相手に足元を見られるだけ。

まあ、共産党が政権を取ることは未来永劫ないし、所詮時の政権の批判の
受け皿(の一部)でしかないから、お気楽なもんだ。

志位委員長もそうだけど、頭でっかちの理論派が幅を利かせているようじゃ、
国民が何を求めているかは理解できない。
自分たちの主張に固執して、消えていく運命だということ。
でも、ごく一部の人を除いて誰も困らないけどね。