11月3日(日)の朝日新聞朝刊・政治断簡で、また編集委員の前田直人が
レベルの低さを晒してた(笑)。

2男の窃盗を機に、報道番組を降板したみのもんたを思いっきり持ち上げて
いたのだ。

「みのもんたは鉄人28号みたいな人だった」
(与野党がみのを敵に回すまいと、リモコンの取り合いをしたんだとさ(笑))
「多くの政治家がみのの言葉の破壊力を恐れた」
「みのの退場にホッとしている政治家も多い」

アホ丸出し!!
何も分かってない。

みのはジャーナリストを「自称」していたが、どんでもない!

行き当たりばったりの発言。それも何も取材や勉強をしていないから、全ての
コメントが「底が浅い」。その場が受ければいいという安直な発想。
だから事実誤認や思い込みも多く、各方面に迷惑を掛けていた。
これを「視聴者目線」と言い、ますます自分勝手な発言を繰り返す。

結局は、中身のないのを話術で補っていただけの、薄っぺらい人間。こんな
みのもんたを朝日新聞の編集委員は持ち上げているのだ。

だいたい、政権批判をするのが一番簡単に受ける方法なのは誰でも知って
いる。全盛時の久米宏もそうだった。古館伊知郎もそうだ。

今みのと同じ路線を歩んでいるのが関口宏。
ただ、こいつは話術がうまくないから、それを暗い顔で補っている。
暗い顔で政権批判をすると、いかにもその政策が人のためにならないという
雰囲気を醸し出す。

ちょっと話がずれたが。

この編集委員は、小泉元首相の脱原発発言が「頭にこびりついて離れない」
と紙面に書いていたヤツだけど、自分のレベルの低さを分かっているらしい。

「(みのを)新聞記者としても、見習うべき点が多い」

・・・・・。