11月9日(土)藤岡市で北朝鮮拉致問題講演会が開催されたので参加した。

715e0282.jpg
98b8c14b.jpg
横田めぐみさんの母・早紀江さん、田口八重子さんの兄・飯塚繁雄さんが
講演された。

横田めぐみさんは昭和52年(1977年)、田口八重子さんは昭和53年
(1978年)に拉致されている。既に35年の歳月が流れている。

f8606ce7.jpg
横田早紀江さんが入場する姿を見ただけで、既に涙が溢れてきてしまい、
講演に先立ち上映された「拉致 私たちは何故、気付かなかったのか!」を
観て、さらに大泣き状態。

d850deb9.jpg
b3e5fb2f.jpg
飯塚さんは拉致被害者家族連絡会代表でもあり、家族会の活動も話されたが、
こういう講演活動も既に1400回を数えるという。頭が下がる思いだ。
田口八重子さんの息子さんを飯塚さんが養子として育てられたが、事実を打ち
明けたときの様子などを聞き、またまた涙。

横田めぐみさんは拉致問題の象徴のように扱われており、早紀江さんも
大変だったと思う。
「めぐみちゃん ごめんね」という言葉に、早紀江さんのめぐみさんを想う気持ちが
伝わってきて、胸が締め付けられた。

拉致被害者の帰国を待っておられるご家族も既に高齢。
本当に早い解決が望まれる。

北朝鮮による日本人拉致は国家によるテロであり、日本人の人権が蹂躙された
大問題である。政府が第一優先で対応しなければならないのは言うまでもない
が、我々国民ひとりひとりもこの問題を決して忘れてはならない。

ひとりでもこの問題に無関心な日本人がいてはならない!

  北朝鮮による日本人拉致問題(政府 拉致問題対策本部)
  北朝鮮による日本人拉致問題(外務省HP)
  北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)