朝日新聞の文化欄に「売れるから嫌中憎韓」という記事が載った。

まあ簡単に言えば、ベストセラーリストには韓国、中国を非難する作品が
並び、大手書店は最も目立つ場所にコーナーを設けている。
でも「週刊現代」のように「嫌中憎韓」をやめる週刊誌も出てきた、という
主旨のことが書かれている。

結局、朝日新聞の言いたいことは、「週刊現代」素晴らしい! ということ。

週刊現代は1月末の号で、嫌中憎韓路線を転換。
「『嫌中』『憎韓」『反日』なんでお互いそんなにムキになるのか?」
という記事の中で、
「『嫌中』『憎韓』に酔いしれる人々は、本当に武器を取るつもりか」
と訴えた、と褒め称えている。

この記事を書いた守真弓という文化部(だと思う)の記者は、週刊現代を
読んだことがあるのか? しかも定期的に。

週刊現代の手のひら返しは、知る人ぞ知る有名なことなんだけどね。
当初、アベノミクス大絶賛で、
 「株も土地もこんなに上がるぞ 日経平均3万円も見えてきた」
 「平成の大相場 4万円まで見えてきた」
なんて記事を載せてたのに、昨年5月に株価が一時的に値を下げると、
とたんに、
 「恐怖のアベノミクス相場 素人は退場すべし」
 「プロは日本株大暴落を知っていた」
と、株はまだまだ下がると180度転換したんだよね。
ところが、また今年に入ると
 「さあ株価4万円まで一直線!」
大爆笑!!

朝日新聞は、週刊現代が「嫌中憎韓」記事をやめたことが、よっぽど嬉しか
ったんだろうけど、週刊現代がこの路線を継続していく保証はまったくないぞ。

週刊現代だって、売れなきゃ方針はどんどん変わるさ。
変わり身の早い週刊現代なら、なおさらだ。
その時になって朝日新聞はどういう記事を載せるんだ?
是非検証記事を載せてほしいが、お得意のダンマリだろうな(笑)。