朝日新聞が日本を代表する「クズ新聞」であることは論を待たない。
その上、あまりのレベルの低さに「失笑」してしまうこともしばしば。

最近特にひどいのが編集委員の前田直人。
こいつは不定期に「政治断簡」というコラムを政治面に書いてるけど、
あまりのひどさに唖然とするばかりだ。

脱原発を言うのに必ず小泉純一郎を持ち出し、不勉強で底の浅いコメント
しか出せなかったみのもんたを持ち上げる。
つまり有名人を使わないと、記事も書けないようなヤツなのだ。

こんなヤツが政治コラムを書いてることが、今の朝日新聞の実態である。

とにかくこいつの文章は「表面ズラ」しかみていなく、その問題の本質が
何か?ということにはまったく触れられていない。
そのため、内容の「底が浅く」、「幼稚」な物言いになっている。
問題の本質が全く分かってない、と言った方がいいんだと思う。

朝日新聞と言えば、中国共産党の言い分を垂れ流した本多勝一、慰安婦
問題を捏造した植村隆、竹島を韓国に譲ってしまえと書いた若宮啓文など、
売国記者が多い。

悪名高き記者連中とは、また毛色の違ったアホさ加減の低レベル記者で
ある。

3月2日も、12年前の安倍首相(当時官房副長官)の
「イメージだけの空虚な言葉を投げつけるのではなく、安全保障の中身を
論じるべきではないか」
と言う言葉を引用し、批判した最後の締めが「イケイケドンドン」って・・・。

現在の中国の海洋侵略や少数民族へ迫害、韓国の反日暴挙などには目を
つむり、ひたすら「空虚な言葉を投げつける」朝日新聞。
まったくもってクズ新聞だ!