安倍首相の
「最高責任者は私だ。政府答弁には責任を持って、その上で選挙で国民の
審判を受ける。審判を受けるのは内閣法制局長官ではない。私だ」
と言いう趣旨の発言に、もっともバカをさらけ出したのは民主党・枝野幸男。

「国辱的発言だ」
枝野幸男はこう言って、安倍首相を非難しているが、民主党政権時に自分が
何を担当していたかを忘れているらしい。

枝野幸男は行政刷新相の時、憲法を含む法令解釈担当を兼務していた。
民主党は内閣法制局長官に答弁をさせずに、枝野が答弁をしていたのだ。

自分が大臣の時は、憲法解釈は内閣の責任として、国会で答弁していた
のに、野党になったら首相が答弁するのは「国辱的」だと言う。

官僚支配からの脱却だなんて、きれいごとを言っていたのに、官僚である
内閣法制局長官の見解を拠り所にする。

まあ、こんないい加減な政党だから国民から愛想を尽かされ、消滅寸前に
なっているんだろうね。
でも、枝野を始めとした民主党の連中が、これに気づいていないことが
思いっきり「痛い!」んだけど(爆笑)。